行政書士の独学で、時間をうまく使って合格する方法

行政書士, 独学,時間

行政書士の独学は適当にはじめても、時間やお金を節約できるとは限りません 行政書士に独学で受かる人は毎年若干ながら存在しますね、時間も最短コースで (ものの数ヶ月くらいで!)終わらせることができて、 費用も数千円~数万円で終わらせることができた、というケースは若干ながら存在します

ポイントは、それと同じことを、 つまり「独学で、時間もお金も最低コストで行政書士に合格することをまねできるか?」 ということです。

これは全員がまねできることではありません。シビアに現実を語るなら、 まねできる人は行政書士受験者全体で1パーセントもいないかもしれません

(ここからが大事ですが)しかし、完全なまねはできなくても、 独学というフォーマットをできるだけ崩さないようにしながら、 ほどほどのコストで行政書士に受かるチャンスを増やす方法だったらあります。
それは、ほとんどの受験者がまねすることができます

行政書士の試験に独学のような方法で受かるなら、時間もだいぶ節約することができそうですし、 お金がかかる予備校(平均すると17~8万円くらいはとられているのではないでしょうか)に 行かなくてもいいですよね?
予備校に行くとなると、往復の通学時間だけでも相当かかりますよね。
それを週に何日も繰り返す羽目になりますから、続かない人が絶えないのも当然でしょうか。

かといって、安直に行政書士の予備校を避けて独学で受けようとするのは危険で、時間もお金も 無駄になる懸念があります。つまり、不合格になったり途中で挫折したりする危険性が高い からです。挫折することになったらお金も時間もいっさいが無に帰すことになります。
不合格になって受け直すなら、やっと受かった頃には予備校で受かった人よりもトータルで かかった時間やお金が多くなってしまう可能性が濃厚ですから、やはり独学での行政書士受験は 平坦な道のりではありません。

適当なやり方で独学に手を出すのではなく、どうすれば行政書士に時間もお金もかけずに 受かりそうなのかを研究してから、自宅学習に手を出すようにしてほしいと思います。
独学を考えている人たちに、いちばん必要な情報ばかりをここでは厳選して 収載をしました。全ページをよく読んだ上で勉強をはじめるようにしてください。

>>行政書士試験に1発合格できる話題の勉強法