勉強時間はいくら必要?

行政書士,勉強時間

行政書士の勉強時間は、必ず何百時間もかかりますが、それは独学ではない方法を とった場合でも変わりません。
行政書士は毎年1回試験がありますから、勉強時間としてはまず、必ず1年未満で受かる ように(勉強法に関係なく)したいものですが、 具体的な数字は、幅を持たせるなら300時間から1200時間といった範囲になるでしょうか。
平均をあえて決めるのだったら、行聖書士になるための勉強時間は700~800時間といった 感じになるでしょうか。
実際に、某大手予備校は、600時間を行政書士になるための標準想定時間としていますから、この数字はそれなりに目安にはなるでしょう。

しかし、大手の予備校でも600時間はかかるものと計算しているのですから、 これから独学で行政書士になろうとしている人の場合は、慎重に考えないといけません。
毎年毎年多数の受講生を指導していて、受験者に与えるべき勉強内容が定まっている予備校でも、 「600時間はかけるようにしてください」と受講者たちに言い渡しているという事実は 重く受け止めてほしいと思います。
それに、人によってやっぱり勉強の進行速度はバラバラです。
これからはじめるのだったら、なるべく無理のない計画を立てたほうがいいですね。
長めに勉強時間を用意するなら、試験日までに8ヶ月~10ヶ月はかけるように、 (それまでに試験が来てしまうのだったら、翌年度の試験での合格を目標とする) したほうが無難でしょう。最低でも半年はかけたいものです。

秘訣(他のページでも書きますが)としては、 毎日コツコツとした勉強を続けることが大切なので、 行政書士の勉強時間は、忙しい日でもできるだけつくることが大事です。
たとえば、合計で600時間使うとしても、半年で終わらせるなら毎月100時間は必要です。
1日当たり3時間以上かけないと間に合わないことになりますね。

行政書士の勉強時間でもう1点大事なことは、長さや量にこだわるよりも、中身を 濃いものにすることでしょう(それがうまくいかなかったら、結局不合格になって、 もう1年合格がお預けになってしまいますね)。
勉強をはじめた最初の数週間~1ヶ月くらいで、行政書士の勉強に慣れることが大切ですが うまくいかなさそうなことがあったら早いうちに (たとえば完全な独学から、安く手使いやすい通信を利用するなどして) 勉強法に変化をつけるべきでしょう。とにかく時間を無駄にしないことです。

>>行政書士試験に1発合格できる話題の勉強法