過去問の使い方

行政書士,独学,過去問

行政書士の独学では、テキストや六法全書のほかに過去の試験問題(通称:過去問)を 使いまくることが絶対に不可欠なことです。
独学にしても何にしても、行政書士の過去問の選び方や使い方には 細心の注意を払ってほしいくらいです

行政書士の独学でよくある失敗例に、「テキストを全部読もうとして挫折する」 というパターンがあります
テキストに書いてある説明を必死に飲み込んで、それから暗記しようとしてうまくいかなくて、 「自分には難しすぎるようだ」と勉強を投げ出してしまう人たちは毎年のように出てきます。
あきらめなかった場合でも、まじめにやろうとするあまりテキストを必死に読み続けて、 試験までに間に合わなくなって不合格になることもいまだに多いようです。

行政書士の独学では取り扱う科目もたくさんあって、読まないといけない法令も膨大に あります。しかし試験に出るといわれている科目全部を覚えようとする必要はありません
範囲は広くても、その中からランダムに問題がつくられているわけではないからです。

行政書士の独学では、過去の試験問題、過去問をよくやることが いちばん大事なことといってもいいでしょう。

実は現職の行政書士からはときどき、 「行政書士のテキストは読み終わらなかったけど、途中から焦り出して過去問を解く回数を だいぶ増やしたら、なんとか合格できた」なんてエピソードが漏れてきます。

過去問は何がいいのでしょうか? 行政書士の過去問は、実は独学の最中に 試験によく出される問題を覚えるチャンスの宝庫だったのです。

行政書士の試験は、毎年そんなに違う問題ばかりを出してくるわけではありません。
おそらく、毎年毎年、ぜんぜん違う場所から問題をつくるようにしていたら、 合格する人は今よりもガタンと減ってしまうでしょう
過去問をやっていくと、だんだんと試験によく出る場所がわかりますし、 問題の出され方のくせまで覚えることができます。

そして、試験問題を解くという練習をすることも必要です。
テキストは六法の内容を深く暗記し理解したとしても、本番の試験中は じっくりそれを思い出している余裕はありません。1問につき使える時間は数分です
1問を2分くらいで解けるようにならないといけませんが、これはただまじめに 勉強するだけでは無理です。必ず試験問題を豊富に解く練習が不可欠です。

独学での受験の場合、こうした行政書士の過去問対策の方法が手薄になる例が 毎年出ています。この点は誰でも頭に叩き込んでおくべきでしょう。

>>行政書士試験に1発合格できる話題の勉強法