独学を助けてくれる勉強法①

行政書士,勉強法

行政書士の独学がうまくいかないときは、独学のよさをかなり残した勉強法を とることもできます。現在は本当に便利な時代なのですから、完全な独学にこだわりすぎない ようにして、ちょっと目線を変えてみることをおすすめしたいと思います。

行政書士の独学で多い挫折の例は勉強がはかどらないことでしょう。
誰も教えてくれないからです。
ところが、家で勉強する「独学」という勉強法の型はこわさなくても、行政書士の通信講座を 頼んだら、予備校と同じようなプロに教えてもらえます

ではどんな通信だったら、家での勉強を助けてくれて、合格できるように リードしてくれるでしょうか? いい通信が持っている性質を書き出してみます。

映像を使って、自宅を講義室のようにしてくれる

最近の通信講座が優れた勉強法と呼ばれるのは、行政書士の勉強をするのに 最適な環境を持ってきてくれることが当たり前になったからでしょう。
現在では、ただ添削を繰り返すような勉強法を提唱するのではなく、映像を使って、行政書士の 講義を届けてくれますが、これは何回も気になる部分を再生させるようなことができますから 非常に便利です。
DVDやCD-ROM、Web経由のダウンロードやストリーミング動画を使える環境なら 誰でも在宅で講義を聴講できます。

特に独学志願者だった人にいいのは、予備校とは違って、家で孤独に独学をする人たちの ためを思った撮影をしている通信ですね。ハイヴィジョンのような高い画質に、 受講者の目線を計算したクローズアップやカメラアングルを考慮したセット撮影が されていると、見やすさも聞き取りやすさも抜群です。

例として、以下の会社では、通信受講者専用の撮影をしています。
・フォーサイト
・ヒューマンアカデミー
・LEC
・ゼミネット

予備校よりもずっと安く申し込めるのに、質が落ちない講座も増えている

ところでこうした通信講座は高いというイメージがあるでしょうか。

「なぜ、行政書士を受けるのに独学という勉強法を選んだのですか」と質問されたら、 「お金がかからなくてよくなる」という理由をあげる人も多いでしょう。
しかし誰にも教わらない完全な独学でも、 テキストや教材を買い揃えたり模擬試験を受けに行ったりしていると けっこう費用はかさみます。それに1回だけでは不合格になることも多いですから 通算すると何万円もかかることが多いのが実態でしょう。

しかし今ではそれくらいの安さで済む通信が増えています (もちろん、ただ安いだけが取り柄の種類は除外しての話です)。
ほんの数万円で、全試験範囲を対象とする講座を申し込める例も増えてきました。

例として、以下の通信では10万円以下で申し込むことができます (5万円以下のこともあります)
・ユーキャン
・フォーサイト
・ゼミネット
・エル・エー

>>行政書士試験に1発合格できる話題の勉強法