独学を助けてくれる勉強法②

行政書士,勉強法

行政書士の独学がうまくいかないときは、独学のよさをかなり残した勉強法を とることもできます。現在は本当に便利な時代なのですから、完全な独学にこだわりすぎない ようにして、ちょっと目線を変えてみることをおすすめしたいと思います。

行政書士の独学で多い挫折の例は勉強がはかどらないことでしょう。
誰も教えてくれないからです。
ところが、家で勉強する「独学」という勉強法の型はこわさなくても、行政書士の通信講座を 頼んだら、予備校と同じようなプロに教えてもらえます

ではどんな通信だったら、家での勉強を助けてくれて、合格できるように リードしてくれるでしょうか? いい通信が持っている性質を書き出してみます。

テキストが、図解が多かったりカラフルだったりで、読みやすくつくられている。

通信講座の長所のひとつにテキストや過去問のような教材があります。
特にテキストについては、自分で1冊1冊買い集めていかなければならないという (その際に、中身の評判も確かめなくてはならない)手間を省くことができます。

よくできた通信講座のテキストは、軽量で薄く分冊していて、 あちこちに持ち運んで行政書士受験対策に励むという勉強法をしやすくしてくれるほか、 文字をぎゅうぎゅうに詰め込むことを避けて、読みやすさを重視した段落構成をとっています。
図解を多用して、パッと見て理解できるようにしてくれているのはお約束でしょうか。

特に優れているところの場合、一色刷りの機械的な構成を避けて、 豊富な色彩を交えて大事な部分をわかりやすくするほか、 何時間もかけるような行政書士の勉強法をとる場合でも、読んでいる間に集中が 途絶えなくなるような配慮をしてくれます。

例として、以下の通信ではどのページもフルカラー印刷済みで、図解やイラスト満載です。
・フォーサイト

Webを多用して、受講者をサポートするシステムをつくり上げている

通信は独学のように、家で好きな時間に行政書士受験の準備に取り組める勉強法ですが、 指導をしてくれる人との間に距離があることになりますね。

しかしこれをうまく対処する方法が今だったらありますね今はネット時代ですから、 ネットを使ってたくさんのサービスを提供するところが増えています
受験に役立つ情報を随時発信したり、質問や問い合わせが簡単にできるようになっていたり するほか、モバイル等を使って 気軽に暗記の勉強をやらせてくれたり、問題を解く練習をさせてくれたりする例もあります

例として、以下の通信ではパソコンやモバイル・スマートフォンを使った サポートシステムが充実しています。
・LEC
・フォーサイト
・大栄総合教育システム
・ユーキャン

>>行政書士試験に1発合格できる話題の勉強法